第102回 第49回  第2部 地球爆発しろ!!

第49回、第2部をお届けします。

 

 

彼女はたまたま、友人何人かと飲みに行った時に1人の友人の知り合いということで、
その飲み会に同席していました。

「28歳なんです。」

と言った彼女は、年相応に見えましたが、
凛とした雰囲気で、誰が見ても美人。
話している内容や言葉遣いも、頭の回転が早いのが丸わかり。
それでいて、自分のことを鼻にかけていない、柔らかい立ち振舞いの、

 

「出会っちゃうと魂引っこ抜かれる系」

 

の女性でした。

たまたま隣に座っていたラッキーな僕は

 

「今日はなんて幸せな日なんだろう」

と思いながらも彼女に蔑まれないように、フルに頭を回転させ、
出すぎず、かといって暗くならないよう、
精一杯自分をいいように見せようと頑張りました。

そのかいがあったかどうか分かりませんが割合和やかな雰囲気になり、
友人達も交え和気あいあいと飲むことが出来ました。

帰り際何故か優子さん(仮名)はご丁寧に自分の名刺を僕にくれて、
更に裏面に携帯の番号とアドレスを書いてくれたのです。

 

 

 

余りの驚きに僕は失禁しそうになりました。

次の日優子さんを連れてきた友人に関係を聞くと関連会社ではたらいている女性で特別な関係ではない。
とサラッといっていたので、僕は優子さんに、

「昨日は楽しかったです。また皆で飲みましょうね」

と、相手の反応を確かめるため軽いジャブメールを送りました。

 

 

15分後

 

 

 

「私も楽しかったです。また飲みましょうね」

的な返信がありました。

下手プロですら僕が送ってから2時間3時間反応なしは当たり前。
下手すりゃ返ってすら来ないのに、15分です。

「脈ありだな。」

 

 

僕の本能がそう告げていました。

脈ありだと確信した僕は、

それでも大人の男性を装って2日に一回程他愛のないメールを送っていました。

優子さんは必ず返信をくれ、内容も割と親しみあるものでした。

そんなこんなで10日程すぎたある日彼女から、

「今度お休みいつですか?もしよかったら行きたいお店があるんで、ご飯でもたべませんか?」

という内容のメールを頂きました。

僕はそのメールを40回程読み返し、

是非いきましょうということ。楽しみですということ。の2点を明記し、メールを送りました。

そんなわけで3日後に食事に行くことになりました。

当時は冬でしたので、かなり寒く、僕は一張羅のコートを纏い、

気合いをフルに入れて待ち合わせ場所に向かいました。

 

 

無論勝負パンツ着用です。

待ち合わせ場所に着くと、もう既に優子さんは到着していました。

しかも前回会った時より更に可愛くなってます。

二人で店に向かって歩いていても、間違いなく不釣り合いで、すれ違うカップル達がこちらを見て

「ありゃ、金で繋がってんだな。きも。」

とか

「女の方、可愛いけど、目に障害もってんだね。」

とか言われてるような気さえしてきます。

そんな被害妄想をこらえ、ちょっと洒落た和食の店に到着しました。

 

個室に案内され、僕はもう、ウキウキ。

 

料理も酒もおいしく、更に優子さんとの会話も弾み、素晴らしい時間が流れていきました。

 

食事を始めてから一時間半程すぎて、僕がほろ酔いになってきた頃、優子さんがカバンを開け、

真剣な顔で唐突に話はじめました。

 

 

 

 

以下要約。

 

「ゴミ太郎さん。投資とか興味ありますか?折角知り合いになれたのだから、
是非どうですか?この絵画なんですけど、1年で利回りが20%以上です。しかも値崩れする心配もないし、絶対投資としては間違いないですよ。私もこの副業始めてから1年なんですけど、
今これだけで年収六〇〇万以上です。
もう本当に親しい人にしか教えられないんですけど、……………………………………………
……[この間一時間]…………とにかく絶対一緒にやりたいと思って。」

その話を聞いている間僕は

(あーだからおっきいカバンもってたんだ)

とか、

(あんなに可愛かったのに、このバカな投資話してる顔必死だな)

とか、

(このクソあま、これで何人の男騙してきたんだろう)

 

とか話は殆ど聞かず、想像したり、頭を切り替えて、どうやってコイツをやっつけようか考えていました。

 

「で、その絵は幾らなんですか?」

と僕が聞くと

「本当は200万なんですけど、ゴミ太郎さんだから、140万にしますよ。ローンも組めますし」

「安いですね」

と僕。

彼女は満面の笑みで、

「そうなんですよ。ね、ね。お買い得ですよ。
絶対値上がりするし。」

この詐欺師クソ女は、手応えを感じたのか、今日一番の笑顔を僕に見せました。

「三枚位買っちゃおうかな。迷うな。」

 

バカ女はなんと、近くに寄ってきました。

 

僕は彼女の潤んだ瞳に危うく吸い込まれそうになるのをグッと堪えて、

 

「ちょっとトイレ行ってきます。」

 

と言って、クロークに上着をもらい、そのまま金も払わず帰りました。

外に出て直ぐ携帯が鳴りました。

僕は携帯のでぃすぷれいを見ることすらせず、電源を切り、
雪がちらつく銀座の街を駅に向かって歩いていったのです。

家に帰り携帯の電源を入れるとメールが一件。
電源切っている時用の不在着信が4件。留守電が1件。

僕はそれらを見ることも聞くこともせず消去し、風呂場へ向かいました。

 

 

 

服を脱ぎながら、鏡をふと見ると、
そこには、ちょっと派手なパンツをはいた、
無様な中年男が物悲しい顔で写っていたのです。

 

End

 


押しといて

第102回 第49回  第2部 地球爆発しろ!!」への24件のフィードバック

  1. オシリ

    あれ 以外に冷静な立ち回りを
    見せましたねww

    田舎住まいなんで、こんな詐欺
    商法、全く関わったことないすね

    しかし、ホントにあるんですねぇ
    こういった絵画とか壺を買わせるやつ

    一発ヤらせて貰えば良かったのにww
    140万円でww

    返信
    1. ゴミ太郎

      オシリ様

      僕は以前にも、この手の奴誘われて、縁を切った友人がいましたので、特にこういうのやってる奴は大嫌いなのです。

      人の心に付け込んで騙すクズです。 こんなやつは許せませんが、14万なら出してもよかったかも、、、、。

      返信
  2. 77v

    エウリアン\(^o^)/キタ―
    ふむふむ。
    打った台→エウリアン
    期待値→-140万円
    収支→料理と酒
    完全なメシウマ記事ではないですかwwwwwww

    返信
    1. ゴミ太郎

      ますださま。

      ホントは買ってたらもっとメシ馬だったでしょうw

      でもそしたら、発表できませんけどね、、、。

      返信
    1. ゴミ太郎

      あさま。

      有り難うございます。
      素直に嬉しいです。

      ただ更新はなかなか不精なのが災いしてなかなか、、、、、。

      もう少しだけでも頻度上げるように頑張ります。

      返信
    1. ゴミ太郎

      ゆうこさま。

      僕も大好き!!!

      忍びはなんか見せ場が全然なくて書くに値しなかったんですが、折を見て載せようかと思っています

      返信
  3. 海斗

    はじめまして!

    ミル御姉様と高級マックに行くのは僕ですからね(-“-;)

    負けないからね!

    僕とミル御姉様の接点は無いですし どこで会えるのかも知れません。

    それでも優しいコメ返信で 僕は 僕は〜。

    はぴはに太郎さん!
    ずっとはぴはにだけに墜ちていて下さい。

    ロシア人 そんなに良いんですか!

    これは無かった事に。

    返信
    1. ゴミ太郎

      カイト様

      ぼくなんて高級モスにいっちゃいますもんね~~~~。

      もうはぴはにはやめそうです。

      はぴはにからのロシア人で軽く3万位飛んでくんでお金がヤバスです!

      返信
  4. プレボLE

    おはようございます。
    チェホンマンが出演した合コンに続き
    面白かったです。
    これからもジャンジャン更新してください。

    お父上とスロってみてはどうですか。

    返信
    1. ゴミ太郎

      プレボ様

      合コン懐かしいですね~~。

      随分古い記事なのによくご存じで、。

      父には僕スロット出来ないことになってるんで(教えろと言われめんどくさいからやったことないと答えた)
      難しいですね~~~

      返信
  5. 粗大ゴミ

    「優子さん」が実は実名だった・・・・・ら

    ウケるんですが・・・・

    (*´艸`)ププツ

    返信
    1. ゴミ太郎

      粗大ごみ様

      さすが重鎮。僕のことをよく分かってらっしゃる。

      ええ。

      ええ。

      実名ですよ。

      さすがに苗字は控えますが、、、、w
      ツカマっちゃうんで

      返信
  6. のの

    ブログに復帰した甲斐がありました。

    おかげでこんな、おもしろい記事が見れたんですからね

    色々、お疲れ様でした。

    返信
    1. ゴミ太郎

      ののさま。

      いえいえ。

      お蔭さまで2回分の記事が浮いて、ラッキーです。

      しかし唐突にいなくなってから、いきなり復活する方ってのも珍しいですね~~~。
      今度は長く続けて下さいね。ぼくよりも、、、。

      返信
  7. うまなり

    何でこんな面白く描けるんだぁ〜(笑)

    取引しようや、140発でどう?
    って言って満面の笑顔が一気に歪むとこまで拝んでから帰って欲しかったじょー(^_^;)

    返信
    1. ゴミ太郎

      うまなりさま。

      はははh!!!!!

      140発の140回ローン払い!!!!
      140発回数券!!!!

      確かに。言えばよかった。

      あの態度だと、1発位はやれたかもしれんですね。

      でもかわいかったんですよ~~。

      返信
  8. まさ★

    ども、まさ★です。
    まさか絵を買わされそうになるとは…
    獲物に店から先に出られた時は発狂していたんでしょうね(笑)
    三枚買っちゃえば良かったのに(爆笑)

    返信
    1. ゴミ太郎

      まさ★さま。

      あんなやつ発狂すればいいんでッすよ

      寸でのところで逃げられて、しかもメシ代払ってざまあ!!

      多分二人で15000円はしたなあの飯屋。

      返信
  9. とうこ

    初めまして、とうこと申します。
    リンクを貼らせて頂きましたのでご報告にと。

    この手のアレはまだ存在してたんですね、都内で昔しょっちゅうありましたけど。
    ヤる事ヤってクーリングオフ、なんて出来ないもんですかね?外道ですかね?

    下手プロとの絡み、スゲー面白いので是非もっと絡んでください。
    ノリ打ちなんてしたら3回は揉めそうで楽しみです。

    返信
ゴミ太郎にメッセージを送信したい場合はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。