第36回  ゴミ太郎ガチでデートする

女性と数年ぶりにデートをした。

 

昔、日記にも書いたが家の近くに、行きつけのバーがあるのだ。

 

月に2回くらい僕はその店に行き、静かに一人で飲んでいるのだが、流石に何年も通っていると、マスターとも仲良くなるし、常連とも挨拶をかわす事も増えてきた。

 

本当は一切会話なんかしたくないのだが、マスターが結構気の付く人で、僕のスタイルを察し、たまーに酔って、僕に話しかけてくる他人をブロックしてくれるで一応愛想ぐらいは振りまくことにしている。

 

その日は、客が店に僕と、何度か見かけたことのある20代後半くらいの女性の二人しかいなく、僕は3杯酒を飲み、ほろ酔いになって、マスターと映画の話をしていた。

 

僕がマスターに

 

「~~~~~~って映画見に行ったんですよこの前。めっちゃ面白かったです。」

 

なんて話をすると、横から

 

 

「私もこの前見ました。凄い良かったですよね。」

 

と、その女性が話しかけてきた。

 

 

特別酔った風でもなく、良く見ると着ているものも洗練されてる。

 

 

顔はまあ普通かな~~~。でも全体的に好感の持てる佇まいである。

 

 

僕は愛想笑いを浮かべながら

 

 

「あっ。そうでしたか。映像は圧巻でしたね。僕は宇宙ものが大好きで、うんたらかんたら、、、」

 

 

なんて答え、程よく静かなそのバーで、マスターと僕。そしてその女性との3人で細やかで楽しい映画談議を始めたのである。

 

それから何週間かして僕はまたそのバーに行った。

 

彼女がいた。

 

そこでまた彼女と話し、僕は

 

この人と話してると凄く楽しいな。と思い、その日僕は思いきって、連絡先を聞いたのだ。
僕は、ネット関係の仕事をしている。と嘘をついた。正確に言うと今もついている。

 

彼女は僕に名刺をくれた。

 

知らない名前だったが、

 

「小さな商社なんです。」

 

と彼女は言った。
家に帰り何故だか僕にも分からないが、スイッチが入ったのだろう。
いつもならあり得ないのだけれどデートに誘った。

 

ラインを交換してくれたので

 

 

「今度の土曜日もし時間あれば、映画見に行きませんか?」

 

 

彼女はすぐ返事をくれ

 

 

「いいですよ。」

 

 

という文章の後になんだか可愛らしいオッケーマークを持った人形みたいなスタンプが押してあった。

 

本当に、本当に久しぶりに僕は舞い上がった。

 

 

 

 

正直、スロットルとか、パチンコとか、どうでもいいとすら思った。

 

その週の土曜日に僕らは映画を見に行き、食事をした。

 

何故か僕は全く緊張せず、本当に楽しい一日だった。

 

本の趣味や、価値観が似ているな。と僕は思った。

 

彼女が僕の事をどう思っているかは全く分からなかったけど、少なくとも嫌がってはいないだろうな。と思う。

 

彼女の僕に対する思いは、限りなく友達寄りだとは思う。

 

でもそれでも良いのだ。

 

僕の気持ちはといえば、「好き」という感情に傾きつつあるんだと思う。

 

何故なら、彼女という存在が一人いるだけで、世界が全く違うものに見えるからだ。

 

最初のデートから2週間後、僕らはまたデートした。

 

正直、彼氏とかいるんですか?と聞きたかったけど、なんだかそういう世俗的なことを話すのが嫌で、また彼女も僕に問いかけてこなかった。

 

恋愛経験はごく僅かしかないが、こういう恋のような、恋じゃないような。

 

少し大人になったんだろう。ただ今のような状態が続けば十分だな。と思った。

 

2回目のデートの最後に彼女は唐突に僕に言った。

 

 

 

 

「3月からイタリアに行くんですよ。仕事で2年くらい。」

 

 

僕は言った

 

 

「そうですか。それは凄い。きっと楽しいですよ。」

 

 

と。

我ながらよく頑張ったと思う。

 

 

 

 

それからは1度も連絡を取っていない。

 

 

 

補足。

 

この日記は実はちょうど1年前に書いたものです。上げてませんが。

 

その当時の僕の落ち込みようといったら、下手プロが真面目に慰めてくれたほどでした。

 

完全実話です。

 

それからも2度ほど彼女から、ラインをもらいましたが、全て既読スルーしました。

 

そのバーにもそれ以来行っていません。

 

丁度今の時期の出来事だったので、ふと思い出してお蔵入りになっている日記のファイルを開き、少し文章を直して上げました。

 

何故当時この日記を上げなかったのかというと、恥ずかしかったからです。ゴミ太郎のリアル恋愛が。

 

時間とは恐ろしいもので、あの彼女に対して抱いていた気持ちも、今はもう思い出せません。

 

そして僕自身の生活といえば、変わっていないどころか、もっとパチンコやスロットに対して依存しているように感じます。

 

何が言いたいのか、自分でもよくわかりません。

 

彼女がイタリアで幸せにやっていることを願います。

第36回  ゴミ太郎ガチでデートする」への50件のフィードバック

  1. リンゴォ

    何だか切ない気持ちになり、思わずコメント失礼します。

    ゴミ太郎さん、頑張りましょう。

    僕は女性に恋した事がないので
    気持ちはわかりませんが(えっ

    下手プロさん、やっぱり優しいんですね

    初コメ失礼しました。

    返信
  2. スパキン

    切なくて、ホロ苦いですね。

    でも、なんだか幸せな気持ちになりました。

    返信
  3. スーツ

    お久しぶりにコメント致します。
    アニーよりもベイマックスよりも感動する話でした。
    イタリアで元気にされてるといいですね。

    返信
  4. カルメン

    ゴミさん切ないッスよ!でもデートに誘うなんて大儀であった!
    でも俺はゴミ一族なので女とか良く分からないですが、俺もゴミさんもパチンコとスロットルと言う恋人が居るじゃないですか!
    ドンマイです!
    応援してますよ!

    返信
  5. りん

    初コメ失礼しやす

    それは絶対連絡とるべきです。
    既読スルーとかあかんです( ;´Д`)

    今からでもちゃんと謝ってラインしてください。イタリア行ってもブラジル行ってもいいじゃないか!
    3年でも5年でも待ってやれよ!

    ゴミさんの3年なんてしょーもない3年だろ!(私はそうは思いませんがゴミさん的に)

    マルハンから搾取した金でイタリア行け!

    暴言失礼しました…
    でも、絶対にまだ遅くないですから…

    返信
  6. めい

    カッコつけんなゴミたろっっ!
    本当に勝ちたいんなら粘れっっ

    潔いのと、投げやりなのは
    似ているけど違うんだ!

    もっと自分を大切にしてくれっっ!

    3月のライオンのセリフそのまんまですが…

    まあしょうがないのかな。
    下手プロさんがいて良かったね。

    返信
  7. にくまん

    ごみさん
    こんにちわ!
    既読スルーはだめでしょ!!!
    それは好きな、気持ちを持たせてくれた彼女に失礼すぎますよ
    男なら、恋、愛、最後まで見届けなきゃ!

    でもちょい切なくなりました

    返信
  8. ペス

    相変わらず最初の1文から引き込まれます。
    文章の読みやすさ、書き方のうまさが尋常じゃないです。
    しかしとても切ないですね。

    返信
  9. クラッシュ

    本当にイタリア行っちゃったんですかね……

    だったら独身なんでしょうね。ゴミ太郎さんも専業(世間的には無職)という立場じゃなければ、何かしらのアプローチ出来てたような気がします。

    と、まじめでスミマセンww レート問わずで、たまにはガッツリなパチスロ実践記事をお願いします!

    返信
  10. せつない。
    二年なんてどうにでもなるじゃないかとも思うわけですし、連絡を取りたくないなっていう理由もわかるしどうしたらいいんすかねそういう時。
    おしにおしてどうにかなってたら多分ゴミさんこのブログやめてると思います。なんとなく

    返信
  11. ごみと思ってないゴミ

    何で音信不通にしたんですかw
    戻ってきても会えたり出来たら嬉しいですね
    とかで良かったと思います
    二年位すぐじゃないですか
    焦ってもロクな事はないですよ

    仮に友達だとしても二年位待っててもいいと思いましたw
    好きだったから二年が耐えられなかったんですね
    もう会いたくないから二年いなくなるって嘘なら嫌ですがw
    音信不通にならないで行く時になったら頑張ってーとでもいう位がカッコいいんですが
    そんな世界観がが変わる位な人はそうそういないですよ 友達でもいいじゃないですか
    待ってて帰って来た時に結婚しましたーとか言われたらいやですがw

    返信
  12. へーい!

    とても残念な話でしたねー

    なんだかまたどこかで会えるといいなって思いますね。安易ですが。

    たまにあるそんな話もゴミ太郎さんの魅力ですね

    返信
  13. 趣味:ごみ太郎

    その感じからの音信不通てちょっとモヤっとした気持ちになってしまいました。
    気持ち伝えるだけ伝えるとかは野暮なんですかね?
    軽い言い方とかで。

    自分はBAR的なとこで知らんおにゃのこに番号聞かれて教えたら『絶対でたらめな番号でしょー?今掛けるよ!いいの?』「いや、ホントのだから大丈夫。」ってやりとりがありつつ、後日、メール来たけどスルーしました。
    この感じとはワケが違うよゴミ太郎くん。

    ちなみにその子はドブスでした。壇蜜に和泉ピン子足して20代にした感じ。

    返信
  14. ごみたりすた

    もしも、その時に本当にネット関係の仕事をしていたのならば

    今頃ごみたろうさんもイタリアに居たかも知れませんね

    返信
  15. いつラッセンが出てくるのかとヒヤヒヤしました。
    ゴミさんは自分の弱さを隠さないでさらけ出すので見ているだけで勝手に親近感がわいてしまいます。

    ありの~ままの~~

    返信
  16. マツヒコ

    そっかぁ〜。。。

    その娘イタリアで元気にしてるんでしょうかね。

    にしても、やっぱ下手プロはいいヤツなんだなぁ、と改めて思いましたよ。

    返信
  17. タキヤン

    嘘で相手を不幸にするのはおかしい。そのひとがあなたは仕事してないとか色々知ったらさぞショックでしたでしょーね。バーでしっぽり飲むならそれを貫けよ。これを美談とか思ってる人もどうかと。過去の記事の以前の会社の後輩が偉くなった話も。全然美談じゃない。さぞかしショックやったと思う。
    嘘を嘘じゃないようにするしかないよ。解決方法は。

    返信
  18. 匿名

    イタリア行ってくれば?
    無職の特権を今こそ生かしてみてはどうですか?

    パチンコ依存も直るかもしれないし彼女もできるかもしれないしさあ

    返信
  19. コブラッ

    お久しぶりです
    ゴミさんの距離の取り方は共感できる。
    ただこのブログにあげた様な素直な気持ちを伝えてみるのもありだったと思っちゃうところもあるかな

    返信
  20. しゃとる

    思わずホロッと。
    でも、みなさんおっしゃるように、連絡はしてあげてほしいです。
    たかがLINE、されどLINE。女性からすれば、とても力がもらえると思いますし、ゴミ太郎さんだから話せたことだったと思うので!
    たった一年くらいどーってことないので、ぜひもう一度連絡してあげてください!

    返信
  21. かきくけこたろう

    そこでLINEきけたりデート誘えるってことはまたどこかで出会いがあったときチャンスあると思います
    だめなやつは誘えないしきけないですから

    そういうとこではまだごみになりきってないんだなぁと思います
    なんか秒速5センチメートルをみたときのような気持ちになりました

    返信
  22. 紳助

    切ない話ですね。
    ゴミさんの立場だったら自分も同じ行動すると思う。
    好きな感情は湧いてくるものでしょうがないけど、
    恋愛が発展して本当に大切な人になったとき、
    その子幸せにできるかなんて考えたら…既読スルーですよね

    そんな出会いが人を変えていくのでしょうけど、

    その人に認められたくて、
    その人に誇れる自分であるように努力していくか

    そんなことを経験し行動した結果が今の自分なんだ。

    もう遅いと思っているなら恋愛なんて悲しいだけだと思う。

    返信
  23. はんぺん丸

    時だけが心を癒してくれる。

    彼女は「不在」の予定があったから
    大胆に振る舞えたのかもしれませんね。

    未知の人と関わろうとすることは
    とても力のいることだと近頃強く思います。

    恋ならなおさら。

    返信
  24. SUPER BLACK

    今回からこの名前でコメントさせて頂きます。
    元 粗大ゴミ。です
    よろしくお願いします。m(_ _)m

    絶対当たると思った演出でハズレを
    何度も経験すると打たれ強くなりますよね。
    一瞬( ̄□ ̄;)!!と思っても
    表情に出さない強さ。
    きっとパチで鍛えられたんだと思います。

    ゼロ・グラビティの後の3月にイタリアに2年位・・・
    だとしたら
    もうすぐ帰ってくるんじゃないですか?

    一緒に行った映画館で偶然の再会
    そんな続きを期待しています。

    返信
  25. しぐまりおん

    ゴミ太郎様にはパチンコがあるじゃないですか!

    ファイト!オスイチ!q(^-^q)

    返信
  26. 十べえ

    感傷に浸るような自分の出来事を文章にすると、忘れた頃にふとその文を見て悲しくなって、また忘れて、また見て悲しくなって。というループに陥るんですけど、そんな時間も嫌いじゃないのかもしれません。

    そんな事をふと。

    返信
  27. うまなり

    帰って来たらいつものバーでまた飲もうね。
    土産話待ってるよって連絡すべし!

    友達なんだから&ゴミ太郎大人になったから!

    なかなか出会えないぞー。
    ゴミさんが自然でいられる女子は!

    更に落ち込む事があっても下手が居てくれるさ!

    返信
  28. ちゅん

    何やってんですかゴミ太郎さん

    「そうですか。それは凄い。きっと楽しいです よ。」否

    「まじで!大変じゃん!寿司屋か鍋食べいこう!今日は飲もう!酔った、ラブホで休もう」

    これがお互い正解の答えです。

    そのバーは食えます。また行くべきでしょう。

    返信
  29. シャブ吉

    女性からLINEが来て、さらに追い討ちまであり、シカトですか…
    逆の立場ならちょっとショックですよね^ ^

    ちゅんさんも言っている通り、イタリア行く言われたときに、もう少し良い返事が出来たと思います。
    突然のショッキングな告白に、ベストな答えを返すのは極めて難しいので、ゴミ太郎さんの返事は致し方無いので、ミスではないですが、ベストではないと言ったところでしょうか。
    なので、今後の為になればと思い、大きなお世話かもせれませんが成功の流れをシミュレートしたので、参考になれば幸いです。

    イタリア行きの告白への返事からいきます

    「イタリア…?!それ本当ですか?大事な話なんですよね。ゆっくり話せるところへ行きましょう。」

    これじゃないですかね。
    デートの最後ということは、食事も済ませてると思うので、馴染みのバーに二人で行きましょう。
    人の良いマスターなら気を使ってお酒も濃いめにしてくれるでしょう。

    程よく酔い、イタリアトークも弾んだところで

    「あなたなら大丈夫。絶対にうまくいくよ。」

    と言いながら手を握りましょう。

    そして

    「フェデリコフェリーニの道のDVDを明日までに返さなきゃいけなくて、今持っているんだ。良かったら一緒に見ようよ。」

    この時点では、さすがにもうタメ語にならなきゃあかんですね。
    このセリフには、“もう会えないかもしれないし、もう少しだけ君といたい”という気持ちを伝えています。言葉にしても良いですが、それは雰囲気次第ですかね。

    手を繋ぎながらラブホへ行き、エレベーターで寄り添い、部屋に入り照明を薄暗く調節し、DVDの話題になる前にそっと近づき、髪を撫で、おもむろにキス

    そのまま流れで愛し合うのがベストですが、シャワー浴びたいと言ったら一緒に入る。

    いかがでしょうか。
    ご参考までに^ ^

    返信
  30. 77v

    ゴミさんイタリアに行ってみては?

    少なくとも、確実にパチンコ・スロットに依存はしませんよ?(^∀^)b

    返信
  31. くーまん

    この文章からだと後半の行動にまったく共感できないです。
    なにか抜けてる、はしおってませんか?

    返信
  32. 通りすがり

    とても辛い思いをされましたね。お気持ち察します。
    まあでも、友達でもいいと思ったのなら、ラインは返事してあげた方が良かったかもしれませんが。
    けれでも、ごみ太郎さんにとって、この経験は決して無駄にはならないと信じております。

    返信
  33. しゅいろ

    インターステラーじゃないんすね残念
    僕も映画好きです
    現実逃避できるの( ´ ▽ ` )ノ

    返信
  34. 通りすがり

    あれ・・・おかしいなぁ
    乱視がひどくなったみたいで画面が見づらいや・・・

    返信
    1. ごみと思ってないゴミ

      俺も乱視がひどくなったっぽいんですよね
      多分年齢的なものとwスロとパソコンを長時間やったりしてるので
      視力とか落ちてるんですよね

      返信
ゴミ太郎にメッセージを送信したい場合はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.